KDC100M バーコードデータコレクタ NEW日本語表示対応

KDC100
  • 1D
  • USB
  • Windows 10

超小型データコレクタ。持ち歩いてバーコードのデータ収集ができます。

大容量メモリを搭載し、20万件以上のデータ蓄積が可能。本体のスイングアウトUSBコネクタを直接パソコンに接続できます。

エイポック購入特典 転送ソフトKDCatcherV2を無料ダウンロード提供。データ転送が高速で、照合結果の識別フラグをつけられます。

特徴

ディスプレイ表示 NEW日本語表示に対応

KDC日本語表示 KDC照合 日本語表示 KDC英語表示

KDC100Mは視認性に優れたOLEDディスプレイを搭載しており、読み取ったバーコードデータを表示して確認できます。読み取り履歴を表示することもできます。

KDC100Mの本体システムメニュー画面が日本語表示に対応しました。注1

20万件以上のバーコード蓄積が可能

KDC100

KDC100Mは、メモリのデータエリアを最大にするとJANコードを最大204,800件以上蓄積します。

データ容量を気にすることなく、持ち歩いてバーコードデータの収集を行えます。

メモリサイズが4MBから8MBになりました。注2

レーザースキャナ搭載

KDC100 KDC200

KDC100MとKDC200iMはバーコードレーザースキャナを搭載。1次元バーコード対応。広い読み取り範囲で、小さなバーコードも大きなバーコードもすばやく読み取ります。

GS1データバー(1次元)に対応しました。注3

バーコード照合 

KDC

KDCシリーズは蓄積のみ行うノーマルモードと、その他いくつかのアプリケーションモードを設定できます。

ノーマルモードはご購入時にに搭載されており、すぐに使用できます。

アプリケーションモードはバーコード照合や、読み取った数のカウントなどいくつかの動作を行えるモードから選択できます。アプリケーションは専用ソフトを使ってパソコンから設定します。(画像は1:N(連続照合)時のOKとNG(failed)の表示です)注4

USBでデータ転送・充電

USB

蓄積したデータは付属のUSBケーブルでパソコンに接続してデータ転送できます。KDC100は本体のスイングアウトUSBを直接接続することもできます。

ノーマルモードの蓄積データは、専用ソフトを使う方法と、ソフトを使わずUSBメモリのようにテキストファイルとして取り出す方法があります。アプリケーションの蓄積データは専用ソフトを使って転送します。注5

エイポック購入特典

CM-890

エイポックでご購入のお客様には、照合結果の識別フラグがつくWindows用転送ソフトKDCatcherV2を無償ダウンロード提供いたします。

また、標準のPC用ソフトは英語ですが、KDCatcherV2の画面は日本語です。

ご購入後、シリアルナンバーをお知らせ下さい。

データコレクタ KDC100 新機能について

2016/11/14

  1. 本体システムメニュー画面が日本語表示に対応しました。
    ・設定方法
     アップキーとダウンキーを押す→System Config→Language→Japaneseを選択し*をつける→Save & Exit→トップメニュー→メニュー終了
    ・上記Japaneseの箇所で「英語(US)」(English (US))を選択すると英語表示になります。
    ※設定後も一部は英語です。
    ※通信ソフトKTSyncは英語です。
  2. 本体の物理メモリ容量が8MBになりました。
    ・使用可能なメモリ容量は7MBです。
    ・出荷時、メモリ領域は蓄積用0.5MB、DB(データベース)用6.5MBに区切られています。
    ・容量の区切りは設定変更できます。(蓄積用0.5/DB用6.5→蓄積用7.0/DB用0などに変更可能)
    ・バーコードUPCA(12桁)の場合、0.5MBで25,600件蓄積します。4.0MBで204,800件蓄積します。
    ※2015年5月頃以降の製品は容量4MB、最大20万件蓄積。
    ※2015年4月頃以前の製品は容量200KB以下、蓄積件数約3,000件。
  3. GS1データバー(1次元)に対応しました。
    ・設定方法
     アップキーとダウンキーを押す→Set Barcodes→GS1 Databar Omni、GS1 Databar Limited、GS1 Databar Expandedを選択し*をつける→Save & Exit→Exit Menu
    ※以前の製品はGS1データバーに対応しません。
    ※GS1データバーのみの先頭01を消去する設定はありません(すべてのバーコードタイプの先頭2桁削除する設定はあります)
    ※合成シンボルは対応しません。
  • 注1 日本語設定後も一部は英語です。通信ソフトKTSyncは英語です。上記「新機能について」をお読み下さい。 
  • 注2 物理メモリ容量は8MBですが、使用可能なメモリ容量は7MBです。上記「新機能について」をお読み下さい。
  • 注3 以前の製品はGS1データバーに対応していません。上記「新機能について」をお読み下さい。
  • 注4 照合を目的とする場合はKDC200またはKDC300をおすすめします。KDC100のブザー音量は小さめの為。なお、照合モードはパソコンから設定します。
  • 注5 設定・通信ソフトを使うには、パソコンを管理者アカウントでご使用下さい。標準ユーザーアカウントではドライバのインストールおよびKDCとの通信ができません。

対応バーコード

主な対応バーコードです。

規格 用途
JAN13 JAN 商品コード
NW7(Codabar) NW7 宅配便の送り状、図書館の蔵書ラベル
Code 39 Code39 工業品の製造番号など
GS1-128 GS1-128 医療用医薬品、医療機器、その他業種の物流コード

 バーコードリーダーは印刷品質などに影響を受けるためすべての読み取りを保証するものではありません。

画像

KDC100
  1. スキャンキー
  2. OLEDディスプレイ
  3. フロントパネルLED(緑:読取成功、赤:失敗、オレンジ:充電)
  4. アップキー
  5. ダウンキー
  6. USB Ultra Micro B
  7. スイングアウトUSBコネクタ
KDC100 KDC100 KDC200 KDC100 KDC200

仕様

KDC100M

光学仕様 レーザースキャナ (100スキャン/秒)
読取バーコード UPC-A UPC-E EAN-13 EAN-8 JAN-13 JAN-8
Interleaved2of5 Codabar(NW7) Code39
Code128 GS1-128(UCC/EAN128) Code93
GS1 Databar Omni GS1 Databar Limited GS1 Databar Expanded
読取2次元バーコード なし
読取郵便コード なし
読取OCR なし
読取桁数 2桁~50桁(出荷時の最小読取桁数は4桁)
OS 専用OS
CPU ARM7, 32 bits
メモリ 64KB (RAM)
8MB(フラッシュROM データエリア)
USB 2(スイングアウトUSB-Aコネクタ、 USB Ultra Micro B)
Bluetooth なし
ディスプレイ OLED、1インチ、表示色青
キー スキャン(メニュー決定)、アップ、ダウン(スクロール、選択)
アプリケーション ノーマルモード(蓄積、出荷時搭載)、
アプリケーションモード(PCから設定)
保管温度 -10℃~50℃
保管湿度 -20℃~60℃
寸法 35mm×62mm×15mm
重量 38g
バッテリ リチウムポリマー電池 3.7VDC,
190mAh 300回の充放電
消費電流 通常:100mA@3.3V
レーザー安全規格 IEC Class I,CDRH Class II
EMC CE, FCC, MIC
法令 RoHS指令(EU):対応,
J-MOSS:対象外,
電気通信事業法:対象外,
電気用品安全法:対象外,
電波法:対象外
付属品 USBケーブル,ストラップ,ラバーケース
保証期間 1年間(バッテリ、ケーブルは無償保証の対象外)

 KDC100/KDC200iがGS1データバー(1次元)に対応しました。2016年11月出荷より。以前の製品は対応していません。
※KDC100/KDC200iはGS1データバー(1次元)のすべての文字を読み取ります。
※先頭2桁を消去する設定ができますが、すべてのコードタイプの先頭2桁を消去するようになります。
※KDC300はGS1データバーのみ先頭01を消去する設定が可能です。

ダウンロード

KDC100M

  • ユーザー専用ページへ下記資料はユーザー専用ページで配布
  • 取扱説明書
  • エイポック購入特典 KDCatcherV2
  • KTSync
  • ドライバ

型番・価格

型番 画像 品名 参考価格
(税抜)
KDC100M KDC100 データコレクタ
(1次元,USB)
¥40,000

ページトップ