製品のよくある質問AC-2D202K2B 2次元バーコードリーダー

GS1-128、2次元コードを読むと勝手にパソコンの画面が動く

GS1-128の場合は取扱説明書 第4章 よく使う設定 4-3 GS1バーコードの編集「GS1のAIをカッコ付きで送信する」または「GS1をそのまま送信する」を設定してください。この設定は原因となるFNC1キャラクタを削除します。

その他、2次元コードなどの場合は取扱説明書 第12章 送信データ設定 12-2「制御文字の送信」を「送信しない」の設定メニューを読み取って下さい。

備考

原因は、バーコードデータ中の制御文字をスキャナがファンクションキーとして送信しているためです(例えばRS(0x1E)、GS(0x1D)、EOT(0x04)など)。上記の通り設定すると制御文字を出さなくなります。制御文字は印刷不可の特別なキャラクタで、バーコードの発行元が必要な情報としてバーコードデータに含めている場合があります。制御文字を他の文字へ置換する場合などは別途設定が必要です。ご不明な点はお問い合わせ下さい。

(参考)第10章 インターフェース設定 10-1-3  制御文字を文字で送信 を「許可」に設定すると、制御文字を通常の文字として送信し、何の制御文字が入っているか確認できます。確認したら「禁止」に戻してください。

取扱説明書 p21 「USBインターフェース以外の初期設定」、または、かんたんガイドの「初期設定」を読み取り、初期設定してください。それから、データ編集を設定しなおして下さい。

例えば、読み取りデータの途中にタブなどを入れる設定したのに、効かないときなどに初期設定してみてください

備考

原因は、取扱説明書の一部の設定メニューにある、バーコードデータ中の制御文字(00h~1Fh)を出さない設定をしたためと思われます。初期設定すると、バーコードデータ中の制御文字を出すように戻ります。

かんたんガイドp3 「4.使い方」のバーコードメニューを読み取って下さい。QRコード、NW7、ITFを読み取るようになります。

備考

初期設定すると、QRコード、NW7、ITFは読み取り禁止になります。

ページトップ